大橋禾苗 プロフィール

神戸に生まれる。 1983年~1987年ニューヨーク滞在中にでシャドーボックス習得。
1987年帰国後東京にて「シャドーボックスはなみずき」設立主宰。

1994年本部を兵庫県に移す。
東京、京都、神戸、名古屋教室を順次独立させた。

2000年より個展(リーガロイヤルホテル、シーショアーリゾートホテル等々多数。

題材としてミケランジェロやラファエロを好むため、海外における出展が多く
その作品はイタリア、ドイツ、フランス、スペイン、イギリス、オランダなど海外で
高い評価を得る。

原画に忠実に立体感をだし新たな命を吹き込むシャドーボックスに魅せられて 30数年、
素晴らしい絵に出会ったときは完成作品を想像してわくわくする。

■掲載図書

現代文化協会ー現代文化29、 Artex4-海外で活躍するアーティスト
Artex16-新世紀秀逸集、 マリア書房ー創作市場「紙に遊ぶ」
世界文芸社ー日本芸術の創跡、サロン・グラン・フォン・ブラン 他多数

■受賞歴&活動歴

1998年 AMSC(スペイン)本部 グランコレクショナブル賞
Art Academy Japan べルポート賞

1999年 海外芸術交流協会 イタリア本部最高賞

2000年 エコロジーアースアート21 工芸部門大賞

2001年 Art Academy Japan 審査員特別賞

2003年 カルーゼル ドゥ ルーブル グランプリ受賞
トリコロール芸術平和賞受賞

2004年 英国国際美術博覧会においてレディング市長賞受賞
国立レディング大学より文化親善名誉作家認定

2004年 第8回Heart Art Communication エイズチャリティー美術展にて
佃 堅輔 芸術大賞
司 雅泉 芸術選奨
藤波 晃 芸術選奨
持田総章 芸術選奨
STOP AIDS 芸術功労賞

2005年 「Shadow Box 大橋禾苗 」丸善より出版

2006年 ヴァチカン美術館にて展示される。

2008年 東京日本橋丸善にて、 関口美知子氏と二人展

2009年 東京丸善丸の内本店ギャラリー 第1回Shadow Box in Japan 2009 に出展、実行委員長

2010年 東京丸善丸の内本店ギャラリー 第2回Shadow Box in Japan 2010 に出展、実行委員長

2010年 大阪リーガロイヤルホテルギャラリー はなみずき講師展に出展

2012年 第3回東京国際フォーラム 第三回Shadow Box in Japan 2010 に出展、実行委員長

2012年 スイス チューリッヒ Art Fair 「東海道五十三次」出展

2013年 Grand Opera 2013 Edition 「最後の審判」掲載

2013年 日象展 「星座のモティーフ」 入選

2013年 上海 大田画廊 「夜明け」 展示

2013年 第4回「Shadow Box Art Exhibition in Japan」大阪グランヴィアホテルにて実行委員長

2014年 ウイーン ザルツブルグ宮殿美術館90周年記念「芸術選集」に「星座のモティーフ」
「神奈川沖浪裏」が各国美術館所蔵の名画とともに掲載され、宮殿美術館より「特別芸術大賞」

2014年 「はなみずき展」大阪リーガロイヤルホテルギャラリー
2015年 「Shadow Box Hanamizuki」 ザルツブルグ宮殿美術館館長 監修・執筆にて
パリのブックスファクトリー社より出版。

2015年 第5回「Shadow Box Art exhibition in Japan」東京国際フォーラム200人参加 実行委員長

2016年 「はなみずき展」宝塚アートスクエアーにて

2017年 兵庫県たつの市「ホテル シーショアー リゾート」にて個展

2017年 「神の手・ニッポン」第Ⅲ期に選定され ホテル雅叙園東京・百段階段「十畝の間」にて28点展示

2018年 第6回「Shadow Box Art Exhibition in Japan」国立新美術館 226人参加、実行委員長
「文部科学大臣賞」拝受
工芸としか認められなかったシャドーボックスというジャンルが芸術として認められた瞬間でした。

2019年 第7回「Shadow Box Art Exhibition inJapan} 国立新美術館 226人参加

2019年3月 ホテル雅叙園東京・百段階段 「春・さくら、咲クヤ at 百段階段」出展予定。

1990年 第一回の「はなみずき展」にはじまり、多数の展示会開催、シャドーボックスの普及発展を願っている。